スポンサーリンク

イボ痔 の 症状 は1度と4度では大きく違います

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イボ痔 内痔核 の度数

イボ痔 ( 内痔核 )の 状態 を、程度によって1~4の度数 で表して教えてくれる病院が多いようですね。ちなみに私の イボ痔 くんは、2から3に進行中で、若干脱肛している状態だと言われました。

病院によって考え方もあるようですが、度数 によって処置方法をだいたい決めている場合も多いみたいです。そんな イボ痔 の 度数 と 症状 を簡単に説明したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

度数によってどれだけいぼ痔が違うのか

内痔核 の特徴として、初期症状では痛みも無く飛び出てくる事も無いので、気が付くことはまずありませんが、排便時の いきみ や、食生活・生活環境などにより、少しづつ大きくなった痔核が排便時に出血する事により、イボ痔 に始めて気が付く方がほとんどのようです。

この状態が「1度」となります。

その後さらに大きくなった イボ痔( 内痔核 )は、排便時に肛門より飛び出てくるようになりますが、勝手に元に戻ったり簡単に押し込める程度ならまだ「2度」の状態です。

「3度」になると、排便時に飛び出たイボ痔は常に押し込まないと戻らないようになってきます。

さらに 症状 が進行すると、スポーツ時や重いものを持ち上げた時などにも内痔核が出て来る場合もあり、日常生活に支障が出るようになってきます。

イボ痔 が押し込めなくなるか、入ってもすぐに出てくるようになってしまうと 症状 は「4度」となり、お尻から粘液や便が染み出てくるようになるそうで、肛門の皮膚が炎症をおこしたりする事もあります。

このように イボ痔 ( 内痔核 )の症状 によって、1~4まである 度数 が進行する前に早めに処置する事が楽にイボ痔を治すポイントであるのは間違いありません。市販薬を買うだけでもなんだか恥ずかしいイボ痔 ですが、なるべく早いうちに処置する事を経験者のひとりとしておすすめします。

コメント