スポンサーリンク

お風呂 で イボ痔 を押し込むコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お風呂 は イボ痔 治療の効果的な治療方法として紹介されています。いつもシャワーだけで お風呂 を済ませている方も多いとは思いますが、浴槽にお湯をためてつかる事によってイボ痔の症状が落ち着くのであれば試してみる価値はあると思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イボ痔へ効果のある入浴をするコツ

お風呂 に入ってただ、 入浴 するだけでも、しないよりは イボ痔 への効果はあると思いますが、せっかく治療目的で入浴するのなら、より効果的な方法で入浴したほうがいいと思いますよね。

そんな「イボ痔により効果のある入浴のコツ」を、これから紹介したいと思います。

まず、1.入浴時間ですが、最低でも20分以上は浸かっている必要があります。いつもシャワーだけで長く浸かるのが苦手な方には、下腹部(おへそ)より下までの半身浴がおすすめです。

次に、2.入浴中にイボ痔へを肛門内に治める。ですが、症状が進行し、内痔核のイボ痔が日常生活で「出たまま」になってしまっている方への対処方法になります。常に出ていないのであれば、無理にイボ痔を肛門より外に出して入浴する必要はありませんのでご注意ください。

ちなみにこの押し込む作業は、出来るようになるまでに、少しコツが必要かもしれれません。ポイントとしては、イボ痔と脱肛の状態にもよりますが、一気に全部を押し込もうとしても無理があるので、特に飛び出ている部分などから順番にやさしく肛門に入れていくようにするとおさまりやすいです。

また押し込む時に、いかに肛門に力が入っていない状態を作れるかが大切になってきますが、私が行った際のコツとしては、膝を軽く曲げて、股を45度くらい開いた姿勢になっておいて、すこし腰を丸めておくと、肛門への緊張がほぐれやかったです。
ここでのポイントは、「イボ痔にとにかく優しく」です。
他のサイトでイボ痔への直接のマッサージが有効と書いてあるサイトもありますが、実際に私もマッサージしてみましたが、腫れがよりひどくなったような感じで、むしろ逆影響になってしまいました。ちなみに私は、それ以来直接のマッサージは行っていません。

軽い症状ですと、1回の入浴でイボ痔がお尻の中におさまる事もあるそうですが、無理をすると患部より出血する場合もあるので、やりすぎは厳禁です。とにかく優しく。イボ痔がお尻におさまってある程度症状が落ち着くまでは、毎日入浴する事をおすすめします。

 

入浴時には入浴剤を入れたほうがいいのか

入浴剤には、様々な効能があって、イボ痔にも効果がある入浴剤も販売されています。入浴の効果をよりよくしたいのであれば、イボ痔に効能のある入浴剤を試してみるのもいいのではないでしょうか。

 



⇒イボ痔に効果のある【黄金湧泉(おうごんゆうせん)】はコチラをクリック

 

この黄金泉は、北海道の二股温泉の湯の華粉末という天然成分を配合した、製薬会社が開発した入浴剤です。
保温効果の強いこの入浴剤は、イボ痔の治療によいとされる患部への保温に効果的に作用するので、一般的な入浴剤より断然、効果があると思います。

このような入浴剤を使えば、イボ痔の治療により効果的になるかもしれませんね。

 

イボ痔の治療と入浴のまとめ

入浴は、イボ痔の民間療法としては、最もポピュラーで、実際に効果のある治療方法だと思います。
入浴時間や、イボ痔を押し込む方法にはちょっとしたコツがありますが、決して難しいものではありません。
イボ痔に悩んでいるのであれば、まず試してみてください。症状や場合にもよりますが、入浴での治療だけで症状が落ち着いて、塗り薬などの治療を行う必要が無くなったという体験談もありますので、試してみる価値はありますよ。

1.入浴時間は20分以上
2.イボ痔は、直接マッサージせず優しく押し込む

という、2つのコツを忘れずに、イボ痔の入浴治療にチャレンジしてみてください。

コメント